性病検査ってこんな感じ

検査にはいろいろな方法があります

性病を疑った際、色々な検査方法があります。例えば病院を受診する、保健所で検査する(検査出来ない性病項目もあります)。そして最近人気なのが性病の検査キットを利用する方法です。

 

 

性病検査キットを利用するメリットは、やはり人に知られる事なく検査を受けられる、そして時間に縛られる事なく自分のペースで検査出来るのも利点です。

 

 

しかし一方で、検査精度や結果に不安を持つ人もいます。せっかく陰性だったのに信じられず、結局病院で検査→やはり陰性。又は検査キットで陽性だと判明しても鵜呑みにしないなどです。これでは検査キットを利用する意味がありません。

 

 

 

郵送の検査キットは、国や自治体の許可を受けた「登録衛生検査所」で検査や分析を行っています。登録検査所では病院や保健所の検査も請け負っているので、検査精度は何ら変わりない事を覚えておきましょう。

 

 

更に登録衛生検査所は、国や自治体の立ち入り検査も定期的に行っており、器具の精度や検査施設の管理も完璧です。

 

 

安心して検査キットを使う事が出来るのです。しかし、検査キットは自分で血液や分泌液を採取しなければいけません。検査キットが届いたら、まずは説明書をしっかりと読んで理解する事です。

 

 

 

きちんと採取できれば信頼性がある結果を得る事も出来ますが、逆に量や状態が悪い場合、正しい結果を得る事が不可能となり得ます。決して難しい採取方法ではありませんから、説明書をしっかりと熟読して、落ち着いて採取して下さい。そしてこの採取方法がやたら難しい場合、その検査キットの信頼性はちょっと疑問です。

 

 

 

検体を簡単かつ適切に採取できるよう工夫されているキットか、使い方の説明書は丁寧で分かりやすいか、質問や相談にサポートセンターが対応してくれるか、その対応に対しての酷評ばかりネットで公開されていないか、そして万が一検体の採取に失敗した場合、再検査を無料で受ける事が出来るのか否か、この辺りを購入前に確認しておくといいでしょう。

 

 

 

そして各性病別に、潜伏期間というものがあります。不安だからすぐに検査したい気持ちはわかりますが、潜伏期間中に検査しても満足な検査結果は出ません。そちらもよく考慮して、正しく検査キットを使いこなして頂きたいです。